自損事故と事故後に搭乗者を守る保険について

テクスチャー07自損事故が発生し搭乗者がいてケガを負わせた場合、運転者は法律上の損害賠償責任を負うことになり、搭乗者に発生した損害を賠償しなければなりません。この場合は、一部の例外的な場合を除いて事故 車両の自賠責保険と対人賠償保険が、対象になります。賠償責任を負うのは、車外、車内を問わず自賠責保険と対人賠償保険が対象になります。例外のケースとして、配偶者や同居の親、子供が搭乗していた場合は、対人賠償保険は対象になりません。また、事故車両の所有者が
助手席にいて、その友人が運転中に事故を起こした場合は、事故車両の自賠責保険も対人賠償保険も対象になりません。このようなケースに限り自損事故保険が対象になります。ただし、自損事故保険は定額払いのため、十分な補償が受けられないことになります。友人が自動車を所有し自動車保険に加入していた場合は、他車運転危険担保特約が適用され、友人の自動車保険の対人賠償保険を使うことが可能です。また、事故車両に人身傷害保険と搭乗者傷害保険が付いていれば、家族間の事故でも、事故車両の所有者がケガをした場合でも支払い対象になります。人身傷害保険は実損払いなので、これが付いていれば万全です。